ブログ

【子どもに優しすぎるガソリンスタンド】「セルフ室見SS」我が家に惜しまれつつ閉店!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は福岡市早良区まぁ特に地下鉄藤崎駅、室見駅近辺にお住まいの人にしか分からない「超ローカルネタ」です。とは言っても子どもに優しすぎるっていうのは決して過言ではなくて子連れにはとても親切なガソリンスタンドで我が家は大好きだったのです。

子どもに優しすぎるガソリンスタンド「セルフ室見SS」とは

どうもキッズプログラミング講師の林田です。

子どもに優しすぎるガソリンスタンドと勝手に自分が思ってる訳ですがそれには理由があります。

普通のガソリンスタンドであればまあせいぜい子供用のキッズスペースがある程度ですが、この店独自の子ども向けサービスがあって我が家は子どもも喜ぶことだしガソリンの給油や灯油の購入などは主にこのお店を利用させて頂いてました。


↑閉店したセルフ室見SSの写真。寂しすぎる。

セルフ室見SS独自の子ども向けサービスとは

この室見SS独自の子ども向けサービスなんですが子連れで来店しガソリン給油や灯油を購入したら、子どもにはとっても楽しいイベントに参加できるのです。

まずガチャガチャ(ガシャポン)を回して~。

開けるとクジが入ってます。

あけると「おお~!当たり的な番号が書いてる(っていうか空くじなしなんですがね)」

その番号のピンポン玉(今はスーパーボールっていうのかな)がもらえるというサービスです。

このサービスにうちの子たちが給油するたびや灯油を買う度にピンポン玉をゲットするというドハマリ振りでした。

なんて子どもに優しいガソリンスタンドだ!と感動せざる負えない!

そんな折り悲しいお知らせがとどく

セルフ室見SS 閉店のお知らせ

なんだと!

オレの子どもたちの楽しみが減るじゃないか。まあ正直ピンポン玉の数的には行き過ぎてもう大量にあるのでいいんです。

「ガチャガチャとクジが楽しめる駄菓子屋的な遊びを提供する」ガソリンスタンドという意味で自分の中では結構気に入ってたんですね。

映画化された漫画「20世紀少年」でも描かれてたんですが

今は近所の駄菓子屋でやっすい駄菓子を少ないお小遣いで買って友だち同士で楽しむという文化があんまりないのでこれを経験させれるってのが非常に素晴らしいと思いませんか。

そしてこのピンポン玉チャレンジの行方は

灯油を買いに行った時にスタッフさんに尋ねたんですが他の系列店でこのピンポン玉チャレンジをする予定はないそうです。

う~ん、残念。でもこのサービス以外にもこのガソリンスタンドの店員さんはホントに子どもに手を振ってくれたりしてくれて子どもに優しいガソリンスタンドでした。

ありがとう!セルフ室見SS。そしてあわよくば系列店でピンポン玉チャレンジを復活させて欲しい!その時は給油させてもらいに行くからね。

現場からは以上です。

そしてこんな超ローカルなネタを更新している私はキッズプログラミング教室をやってますのでよかったらお問い合わせ下さい。

ちなみに当スクールでは現役の女性カメラマンが講師をつとめる「Beginner -【はじめての写真レッスン】」の受講生も募集しています。2018年4月開講です。どしどしご応募下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください