キッズプログラミング

【イベントレポート】夏休み「KOOVでロボットプログラミング」ワークショップ2017年7月29日&現在の申込状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年7月29日、当スクール「ArchiveSchool」にて小学生を対象とした夏休み「KOOVでロボットプログラミング」ワークショップを開催しました。猛暑の中お越しいただき、みんなワイワイしながら最後には子どもたちから「もっとやりたい」と声を頂き大盛況に終わりましたのでレポートします。

まずはじめはプログラミングの特徴と得意なことをお勉強

まずはじめは座って頂きプログラミングのことで勉強して頂きました。っていっても10分間だけのレクチャータイムなので本当に予備知識をいれるだけです。

あとはキーボードの数字の位置の確認とマウスの練習。

子どもたちの中には「タブレット持ってる」っていう子もいて現代っ子やなーとアラフォーのおっさんである講師は押され気味でした。

とはいえ、小学生とドラゴンボールとミニ四駆の話題が出来ることにおっさん結構うれしかったです。

資料もきっちりパワポでひらがなメインで作りましたので結構理解してもらえたかな。

ここでアクシデント!子どもさんの3DSの充電がない!(ロボットプログラミングと全く関係ないけどネ)

講師「安心して下さい。3DS充電器あります」

子どもさん「本当?」

講師さっと準備し充電器をさしてあげる。

子どもさん「ぼく、ルビーとサファイヤ持ってる」

思わぬところで小学生の心を掴んだおっさん講師。

講師「いやー、おじさんポケモンは卒業しちゃってねー。」(心の声:モンハンはバリバリ現役だけどな!)

という訳で無事に子どもさんの3DSのプレイデータを守れました。よかったよかった。(ロボットプログラミングと全く関係ないけどね)

お勉強の後は、プログラミングをヴィジュアルプログラミングの画面で組んでみます

KOOVの場合はScratchなどでもよく見られるヴィジュアルプログラミングの画面でドラッグ&ドロップでプログラムが組めるのでプログラミングの考え方に割りと用意に入っていけますね。

▲ヴィジュアルプログラミング動作例(Youtubeの41秒目あたりの映像です)。うちのスクールの様子は違いますけどね。

今回はわざとサーボモーターの動きを失敗してもらって、モーターが動ききる時間の設定の大切さを理解してもらいました。

KOOVのいいところは「アタマの中のプログラミングの理想像」と「プログラミングを実行した時の実像」のズレを体感できることですね。このトライ&エラーをしっかりやって基礎をつちかってもらいたいな~と個人的には思っています。

さあプログラミングを終えたらそれに合わせて自分で考えて動物ロボットを作ろう!

マウスの操作がちょっと難しかったね。でもお母さんに手伝ってもらったりして「ライオンをつくりたい」と頑張っていました。

 

「ボクサーカンガルー」をつくると表情は真剣そのもの。腕の形にこだわりたいようでなんども組み直ししてました。カンガルーの頭を作るのをちょっと手伝って上げました。

 

なんだ?この予想外の生き物。題は「地上最強生物」だそうです。お母さんも笑ってました。私も思わず大笑い(笑)

 

ひとまず「ボクサーカンガルー」が出来てご満悦。出来上がってみると「空手チョップ」を決めるカンガルーになっていました。「空手カンガルー」かな。

 

「ライオン」の顔がしっかり出来上がっていました。黄色いたてがみの感じがよく出来てるね。今回のサマースクールでは最年少ながらも頑張りましたね。

先生もライオンの体全体が動くのを考えてみるね。

そんなこんなでみんな笑って大盛況でした

ちょっとまとめのYoutubeムービーを貼ってみます。特に「地上最強生物」の動きはみものです。

▲う~ん。いい出来栄えですね。

終わった後は「ねえ、またやりたい」とお母さん言ってもらえて講師冥利につきますね。ArchiveSchoolでは大人向けスクールも同じく和気あいあいと「楽しくスキルアップ」を目指して運営させて頂いておりますがキッズプログラミング教室も同様に「楽しくスキルアップ」のスタンスでさせて頂いております。→2017年9月開講のキッズプログラミング教室のご案内はコチラ(サマースクール参加者には特典あり)

現在のサマースクールの申込状況は

  • (D)2017年8月5日(土) 13:00~15:00
  • (E)2017年8月5日(土) 15:30~17:30
  • (G)2017年8月7日(月) 13:00~15:00(コチラは中学生向けとなります)
  • (H)2017年8月7日(月) 15:30~17:30

下記の日程でまだ若干空きがございますのでこのイベントレポート記事見て気になったという方は下記バナーよりお気軽にお申込み下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る