KOOVでプログラミング

【KOOVでピーターラビットを再現してみた】年末年始は4歳の子どもとキッズプログラミング(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

年末年始、特に雨の日なんかは特に外出もできないので子どもとまったり過ごすしかないわけですが、それならば勉強になった方がいいので今回は子どものモチベーションを活かすべく「何つくりたい?」と聞くと『うさぎ!』とのことなのでウサギをプログラミングで作ることになりました。

ウサギといえばシルバニアファミリーかピーターラビットかな

ガチでウサギの動きとか考えるとぴょんぴょん跳ねてるイメージのウサギになるんでしょうが

「KOOVでの再現は無理だろ」って思って他にウサギモチーフとして有名なシルバニアファミリーかピーターラビットで検討しました。

シルバニアファミリーは正直動物の擬人化物で特徴的な動きがないので

ピーターラビットを再現することにしました。

もちろん昔のキューピーのCMのピーターラビットでしょ

アラフォー世代には懐かしいCMですね。鼻をひくひくさせて野菜を食べるシーンをなんとか再現してみました。

ただちょっと葉っぱだと味気ないのでニンジンを食わせてみました。

KOOVで鼻をヒクヒクさせてニンジンを食べるウサギを再現してみました

さすがに鼻なんて細かい部分を再現できるわけがなく苦し紛れに耳を動かすことにしました。

あとは鳴き声も少し取り入れてみてなかなか可愛く出来たのではないでしょうか。

お出かけ出来ない天気が悪い時にもこういったテック系の遊びだったら子どもさんのためになりそうですね。

今年はまさかのピーターラビット実写化

そしてなんと今年はピーターラビットの実写版が映画化されるそうです。しかもSONY配給という。

ってことで便乗して当スクールのブログのアクセスも増えるといいなぁ。以上キッズプログラミング講師の林田でした。

最後に

キッズプログラミングの生徒さんと写真のフォトレッスンの生徒さん募集中です。 お問い合わせフォームからでもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*