KOOVでプログラミング

【LEGO人形と組み合わせてみた】年末年始は4歳の子どもとキッズプログラミング(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年の年末年始は福岡で過ごすことになってKOOVでキッズプログラミングで4歳の子どもと遊んでた時に「ああウチLEGOある」と思い立ってLOGOとKOOVを共演させてみました。これは意外と楽しいぞ。

まず初めに思いたったのは二足歩行のロボット

まず初めに自分が二足歩行のロボットを作りたいなぁ~と思ってたんですが

二足歩行ってのはかなり難しいんです。

なのでやっぱりKOOVの「じゆうせいさく」で検索しても

検索結果は0件でした。やっぱりな~。

最新のロボットテクノロジーの話

最近のテクノロジーだと

こんな感じでバク転やらジャンプやらするのですがかけてる金額が違いますからねー。

とは言え「やってみたい」衝動はおさまらないので少し工夫してやってみることに

少し工夫して二足歩行を実現してみました

ヒントはゴジラにありました。尻尾があるので尻尾の部分が支えになります。これだと安定するので比較的動かしやすいです。

出来たのがこんな感じです。↓

な~んだそれだったらオレにも出来るじゃんと思った方も多いんじゃないんですかね。でもこういう発想を最初に思いつくのがプログラミングは大事ですね。

ゴジラと言えばZOID(ゾイド)のゴジュラスでしょ

このゴジラ眺めてて思ったのが「ゴジラっていえばZOID(ゾイド)のゴジュラスだよね。」(アラフォーにしかわからん!)

ということで

ゴジュラスは頭のところがコックピットになってて中に人が乗ってるんですよ。

「じゃあ中の人は誰にするかな~」と思い立ったのがLOGOブロックの人形ことミニフィグでした。

LEGOのミニフィグをKOOVのゴジラに乗せてみた

意外といけるじゃない!

実はこれを撮る前に何度も振動で落ちました。コツは乗る部分の左右の壁を深めにつくってガッチリホールドするといいですね。

実はこのゴジラ。1歳の子どもが結構気に入って手を握ってました。1歳の子どもでもお人形と同じ感覚で遊ばせることが出来るのでそれも楽しいですね。

(ただ精密機器には変わらないので親御さんがしっかり見とかないといけないですね。)

それでは

福岡市内でのキッズプログラミング教室のお問い合わせは是非アーカイブスクールへ。駐車場もありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください